HOME>オススメ情報>治療を受ける前に知っておきたい情報をあらかじめ用意することが大切

最初にするべきことは何かを知る

インプラント

鎌倉では歯科医院の多くが予約制を採用しており、受診するならあらかじめ予約を取っておくのが理想です。最近はインターネットサイトからWEB予約ができる歯科医院が増えていますが、初診の場合は電話で予約を取ることをおすすめします。なぜ電話で予約を取るのがいいかと言いますと、まず受診に際して持参が必要になるものを教えてもらえることです。歯科治療は内科的疾患によって慎重に治療を進めなければならないことがあるため、持病がある人や投薬治療を受けている人は申告する義務があります。そのためにはお薬手帳などを提示することが大切で、健康保険証を持参するのは言うまでもありません。

保険診療は健康保険加入者のみ適用される

インプラント

何らかの理由でどの種類の健康保険にも加入していない場合、受けた歯科治療は全額自己負担となります。また健康保険証に付随して福祉の健康保険証を発行されている場合でも、必ずセットで提出しないと福祉の健康保険証に記載された負担割合は適用されません。福祉の保険証は国民健康保険などの主たる保険証があってこそ、初めて有効となるのです。また保険証によっては有効期限が決められているものもあり、期限が切れた保険証は使用することができません。鎌倉の歯科医院でも全額自己負担となりますので、期限切れになった場合は速やかに発行手続きをとることが必要です。

内科的疾患の情報は治療に重要となることも

診療室

歯科治療では歯を抜かなくてはならないことがあり、患者さんの持病によって治療方法を検討する必要が生じます。まず心臓疾患や高血圧、糖尿病などがある場合、状態を主治医と相談してから抜歯するケースがあります。血流をよくするためにワーファリンなどを服用していると、抜歯をしたときに止血困難となる恐れがあるからです。しかし場合によっては薬をやめてもらって抜歯をすると、血栓などのリスクが上がることも考えられます。鎌倉の歯科医院では薬の投与を継続しながら、抜歯を行う選択肢を選ぶことがあります。そのためには主治医とのやり取りが必要となりますので、かかりつけ医師と医院名が分かるように準備をしておきましょう。

広告募集中